挙式で必須!リングピローって?

リングピローってどんなもの?

リングピローとは結婚式の際に、結婚指輪の交換まで指輪を置いておく為のクッションです。欧米ではリングピローを「リングベアラー」の小さな男の子が持ち、花嫁と一緒に入場して運びます。
リングピローの由来は古く、古代エジプト時代に結婚式を行っている間に宝石を装飾された枕状のものに乗せていていたことに始まり、貴重品を王族、皇族方に渡す際に直接手渡しでなくクッションに乗せ渡す習慣へ引き継がれました。それがやがてヨーロッパ庶民の結婚式で指輪交換をする事が一般化した際にリングピローの習慣も定着したそうです。
リングピローは一般的には指輪が乗るサイズの白いシルク製のクッションに長いリボンがついていて、そのリボンに指輪を通して結びます。その長いリボンはリングピローが古代ヨーロッパに伝わった際に、リボンや縄で自分たちを一つに結ぶ事で「約束」を意味し、結婚を表現していた名残りであり、今でも「お二人の愛の誓い、愛を約束する」という意味が込められています。

リングピローの今のカタチ

今までリングピローの由来を語ってきましたが実際のところ、リングピロー自体小さく、結婚指輪の交換の際に使うだけなので日の目の当たるアイテムではありません。
しかし、現在のリングピローはチャペル式、神殿式などを始めとするいろんな形の結婚式に合わせて、正統のシルクのクッション型だけではなく、バスケットやボックスにドライフラワーを装飾したものや、ビーズやガラス製のもの、リボンでなく水引を使った和風のものなど沢山の種類があり、見ているだけでロマンチックな結婚式の気分を高めてくれますし、結婚式当日のアルバムを作る際にも華やかに結婚指輪を引き立ててくれるので思い出としても良い形になります。また、「結婚式に使ったリングピローを、産まれてくる赤ちゃんに3日間ファーストピロー(枕)として使うと、その赤ちゃんは健康かつ幸せに育つ」という素敵な逸話もあるアイテムなので、ぜひ二人の結婚式に似合うリングピローを用意してみてください。きっと素敵な思い出の詰まった結婚式になりますよ。

結婚指輪を大阪で買う場合には、数多くのブランド店で比較することができる点がメリットです。大阪のブランド店は多種多様な魅力があります。

© Copyright Bright As Love. All Rights Reserved.